PRIVACY POLICY
個人情報保護方針

個人情報保護方針

個人情報とは

お客様を識別できる情報を指します。
お客様を識別できる情報とは、お客様の氏名、年齢、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、勤務先の情報で、この内の1つ又は複数の組み合わせにより、お客様個人を特定することができる情報を意味するものとします。

お客様へのお願い

当社のウェブサイトにリンクされている他のウェブサイトにおけるお客様の個人情報の安全確保については、当社が責任を負うことはできません。
当社以外のウェブサイトにおける個人情報の保護に関しましては、お客様ご自身で直接確認又はお問い合わせする等、個人情報の安全を確保されるようお勧めいたします。

当代理店の個人情報に関する取扱いについて

当代理店は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険業に対する社会の信頼性をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドライン等を遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
当代理店は、個人情報の取扱いが適正に行われるよう、従業者への教育・指導を徹底し、適切な取扱いに取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当代理店の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

1.個人情報の取得

当代理店は、十分な安全管理措置を講じたうえで、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。当代理店が取得する個人情報は、例えば以下のものが含まれます。

  1. 氏名・住所・生年月日等の情報
    1. 氏名、住所、生年月日、電話番号 等
    2. 料金の請求書、領収証等の送付先住所、氏名、電話番号 等
  2. ご利用料金等に関する情報
    1. ご請求金額、お支払状況、お支払方法等のご利用料金に関する情報 等
  3. お支払口座等の情報
    1. 金融機関の口座番号、口座名義、クレジットカード番号 等
  4. 保険申込情報
    1. 保険種別、被保険者との関係、被保険者の氏名、被保険者の性別、保険期間、旅行に関する情報、健康状態や病歴等に関する情報、年収に関する情報、家族構成に関する情報、自動車及び運転免許に関する情報、保険プラン 等
  5. サービス提供に付随して取得した情報
    1. その他申込受付履歴、ご意見、ご要望、お問い合わせの内容等、保険代理店業務の実施に付随して取得した情報
      なお、当代理店は、保険会社に対して提供された個人情報を、当該保険会社から取得することがあります。

2.個人情報の利用目的

当代理店は、取得した個人情報を以下に定める目的で利用し、その他の目的で利用することはありません。

  1. 当代理店が取扱う保険商品及びこれに附帯・関連するサービス提供のため
  2. ご意見・ご要望・お問い合わせ等への対応のため
  3. 販売状況、ご利用状況等の分析、各種施策実施のための分析及びその施策の効果測定、新サービス企画のための分析、サービス品質改善、対応サービス向上のための分析その他の各種分析・調査の実施のため
  4. キャンペーンその他の販売促進施策等の実施のため
  5. ネットワーク等の障害、不具合、事故発生時の調査・対応のため
  6. 不正利用、不払いの発生防止及び発生時の調査・対応のため

上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等によりご通知し、またはホームページへの掲載などの方法により公表します。
また、当代理店は、記載の保険会社から保険募集の委託を受けた代理店であり、保険会社からの委託に基づき個人情報を取得・利用します。委託元である保険会社の個人情報の利用目的は、各社のホームページに記載してあります。

3.個人データの安全管理措置

当代理店は、取り扱う個人データの漏えい、滅失または棄損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規定等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策をします。

4.個人データの第三者への提供

当代理店は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に提供しません。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  3. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
  4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき。
  5. 個人情報第23条第2項に基づく手続(いわゆるオプト・アウト)を行って第三者に提供する場合

5.センシティブ情報の取扱い

当代理店は、政治的見解、信教(宗教、思想及び信条をいいます。)、労働組合への加盟、人種及び民族、門地及び本籍地、保健医療及び性生活並びに犯罪歴に関する個人情報(以下「センシティブ情報」といいます)を、次に揚げる場合を除くほか、取得、利用又は第三者提供を行いません。

  1. 保険業の適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
  2. 保険料収納事業等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
  3. 相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
  4. 法令等に基づく場合
  5. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
  6. 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
  7. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合

6.個人情報に関するご照会

当代理店の管理する個人情報の開示、訂正または利用停止等に関するご請求が、個人情報のご本人からあった場合には、遅滞なく対応します。

また、当代理店は、個人情報のご本人から、自己に関する個人情報の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます。)の求めがあった場合には、遅滞なく調査を行います。この場合において、当該求めに係る個人情報の内容が正確ではない場合その他当該個人情報の取扱いが適正でないと認められる場合は、遅滞なく訂正等を行います。

なお、当代理店は、訂正等の求めがあった場合においても、法令等の規定に基づき、当該求めに係る個人情報の全部又は一部について、訂正等を行わないことがあります。

個人情報に関する利用目的の通知、開示、訂正等に関するご照会については下記お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

ご照会者が本人であることを確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

なお、保険会社が管理する個人情報の開示、訂正または利用停止等に関するご請求については、各保険会社にお取次ぎいたします。また、保険事故に関するご照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にお問い合わせください。

お問い合わせ窓口

所在地:東京都世田谷区玉川1-14-1 楽天クリムゾンハウス
名称:株式会社 楽天アンセルインシュアランス
TEL:050-5581-7500
FAX:050-3156-7271
受付時間:平日の9時から18時(土日・祝日・年末年始を除く。)

特定個人情報の保護に関する基本方針

株式会社 楽天アンセルインシュアランス(以下、「当社」という。)は、個人番号その他の特定個人情報(以下「特定個人情報等」という。)の取扱いが安全かつ適正に行われるよう取り組むことが企業の社会的責務であると考え、以下の基本方針に従って、特定個人情報等を適切に取り扱います。

  1. 関係法令・ガイドライン等の遵守
    当社は、特定個人情報等に関して適用される法令、ガイドラインその他の規範を遵守します。
  2. 安全管理措置に関する事項
    当社は、特定個人情報等の漏えい、滅失又は毀損を防止するとともに特定個人情報等を適切に管理するために、従業者の責任の明確化、社内規程の整備、従業者の教育・訓練、漏えい等の事故を防止するための物理的、技術的な対策等の安全管理措置を講じます。
  3. 質問及び苦情処理の窓口
    当社は、対応する窓口にいただいた特定個人情報等に関する問い合わせや苦情等に対して、適切かつ誠実、迅速に対応いたします。
特定個人情報お問い合わせ窓口

特定個人情報事務取扱部署:人事部
TEL:052-982-9515
受付時間:10:00~17:00

反社会的勢力への対応規程

1.定義

本規程において「反社会的勢力等」とは、以下に該当する集団または個人をいう。

  1. 暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者を含む。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会的運動標榜ゴロ、政治運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団等
  2. 前号のほか、暴力、障害、脅迫、恐喝、威圧等の暴力を用いて不当な要求を行う集団または個人

2.対応方針

反社会的勢力等への対応方針は、以下のとおりとする。

  1. 取引を含めた一切の関係遮断
    株式会社楽天アンセルインシュアランス(以下、「当社」といいます)は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力等に対して毅然とした姿勢で臨み、不当・不正な要求を断固拒絶します。また、反社会的勢力等とは、取引関係を含めて一切の関係を遮断することに努め、当社および保険業に対する公共の信頼を維持し、適切かつ健全な業務の遂行を確保します。
  2. 組織としての対応
    当社は、反社会的勢力等による不当要求等がなされた場合には、役職員の安全を最優先に確保するとともに、担当者に任せることなく取締役等の経営陣が適切に関与し、組織として対応を行います。
  3. 裏取引や資金の提供の禁止
    当社は、反社会的勢力等に対しては、資金提供や事実を隠蔽するための不適切・異例な便宜供与を一切行いません。
  4. 外部専門機関との連携
    当社は、反社会的勢力等への対応に際し、適切な助言・協力を得ることができるよう、平素より警察、全国暴力追放運動推進センター、弁護士などの外部専門機関等との連携強化を図ります。
  5. 有事における民事および刑事の法的対応
    当社は、反社会的勢力からの不当要求等に対しては、対応責任者へ迅速かつ適切に報告・相談するとともに、民事と刑事の両面から、積極的に法的対応を行います

3.対応方法

反社会的勢力等への対応方法は、以下のとおりとする。

  1. 当社の反社会的勢力等への対応責任者は、代表取締役とする。
  2. 反社会的勢力等より申し出を受けた場合、直ちに代表取締役に口頭及び報告書(任意の書式)を提出する。
  3. 代表取締役は、取引のある全保険会社に報告を速やかに行う。各保険会社への報告は、各保険会社のルールに則るものとし、具体的な報告方法は発生の都度、各保険会社の担当者に確認する。
  4. 反社会的勢力等からの不当要求等に対しては、速やかに警察、顧問弁護士等に報告し、適切な助言・協力を得る。

勧誘方針

私たちは、お客様に保険商品を含む金融商品を提供する事業者としての社会的使命を自覚し、保険業法、金融商品の販売等に関する法律、消費者契約法、金融商品取引法、個人情報の保護に関する法律、その他の関係法令等を遵守し、以下の勧誘方針を定め、お客様及び社会との永続的な信頼関係の構築に努めます。

1.基本理念

法令等を遵守し、経済・金融・税務等に関する幅広い知識の修得に日々研鑽し、プロフェッショナルに徹した質の高いサービスを提供します。また、高い倫理観に基づき、誠実・公正に行動致します。

2.プライバシー保護

お客様の個人情報を保護する観点から、お客様に関する情報は業務上必要な範囲で収集・使用するとともに、法令や社会のルールに則って厳格に取扱い、お客様のプライバシーに配慮した行動を実践します。

3.節度ある勧誘

お客様の仕事や生活の平穏を害することのないよう、電話や訪問による勧誘はお客様の了解を得た場合を除き、午前8時以前及び午後9時以降は行いません。また、お客様に対し、常に節度ある態度で接し、威圧的な態度や乱暴な言動等をもって著しく困惑させるような行為は一切致しません。

4.お客様本位

お客様の加入目的、収入、資産や家族構成等に照らして、最適な保障内容、妥当な保障額の商品を提案するよう努めます。加入後も適切なアフターフォローに努め、保障内容の点検・確認・見直しなど、お客様の要望には迅速・適切に対応し、継続的なサービスを行います。

5.適合性の確認

市場リスクを伴う変額保険や外貨建保険等リスク性商品については、お客様の加入目的や投資経験・年齢・知識、財産・収入の状況等に充分留意し、お客様のニーズに合致した商品をお勧めします。

6.説明義務の履行

お客様ご自身の判断にお役立ていただくために、商品内容やその特性等について、正確かつ充分な説明を行います。また、お客様に不利益となる事項についてもご説明致します。特に、生命保険商品や損害保険商品を投資信託、預貯金やその他の金融商品と、あるいは第三者が提供する商品・サービスとの混同・誤解を招くことがないよう、明確に説明致します。

7.重要事項の説明

保険契約の内容及び契約に関する重要事項については、「ご契約のしおり(約款)」「重要事項説明書」(ご契約に際して大切なことがら)等の書面を説明の上、交付します。

8.適正な資料の使用

商品をお勧めするにあたり、適正な資料を用い、不当な表示のある資料やお客様の誤解を招くような表示のある資料は、使用致しません。

9.お客様本人確認

契約者や被保険者との面接に際しては、法令等に従い、本人確認を行うとともに、契約者の申込意思や被保険者の同意を確認します。特に未成年者や高齢者のお客様を対象とする契約については、保険会社・社内のルールに則り面談し、加入目的・保険金額等を慎重に確認し、適切に販売します。

10.反社会的な申出の受入拒否

申出の意図が、社会的・倫理的見地から見て不当であると思われる場合には、その申出をお断り致します。

11.契約後のサービス

ご契約後もお客様との十分なコミュニケーションを図り、万全のアフターサービスを心掛けます。