PHILOSOPHY
経営理念

楽天アンセルの事業目的

保険業において、公正な情報・商品供給のプラットホームになる事により、顧客・社会・楽天アンセル3者の共存共栄と全従業員の物心両面の長期的幸福を追求する。

楽天アンセルの運営思想

  1. 楽天アンセルの運営は、長期的継続を最優先する。
  2. 楽天アンセルは、企業の成長のみならず、個人の内面的成長をも追及し続ける。

楽天アンセルの組織論

1.やりがいのある仕事

「目標は変わる事があるが、価値は変えてはいけない。」

  1. 仕事にやりがいを持つために
    1. 約束を守る

      仕事で期日やサービスの約束を破ったら、仕事は成立しない。「いつまでに、これをやります。」と言って、もしできなかったら、仕事の儲けは0円。
      それよりも、もっと大切な信用を失う。
      だから、仕事において約束はとても重要なこと。
      また、仕事の約束を守ることにより、誠実さや強さが身につき人間としての重要な資質を身につけることができる。

    2. プロセスも大事にする

      楽天アンセルでは、結果を重視する。組織は結果が出せないとスタッフにお給料を払い続けていくことができず、組織は疲弊し衰退の道をたどるため。
      お客様はプロセスにお金を払ってくれない。しかし、楽天アンセルはプロセスの中身も重要視している。
      なぜなら、楽天アンセルの運営思想は長期的継続にあり、プロセスの中身は将来の結果に繋がるからである。

    3. 価値目標に基づいて仕事をする

      自由競争で一番重要なことは、「商品・サービスの価値を高めること」。
      社会に必要ないものは残らない、逆に必要なものは、ずっと残る。商品・サービスがあふれている日本で、ずっと残る為にはプロフェッショナルな組織であるかどうかで決まる。
      商品・サービスは、価格が安いものが売れて、高いものが売れない訳ではない。
      価値の高いものが売れる、生き残る。

  2. 見える化と価値
    1. 見える化・・・目標と目標を達成する方法を、リーダー・スタッフが共有すること

      楽天アンセルでは、目標を達成し共有する方法に「見える化」を最重要視する。

    2. 価値・・・リーダー・スタッフの行動を先導するのは、価値という名のボス。

      組織全員が従うのは、その組織の中心にいる人に従うのではなく、その組織の目的を達成する為の価値である。 価値に敬意を払わないと、その組織はバラバラになってしまい存続できない。

2.セルフマネジメントと組織マネジメント

「個人と組織の関係・・・個を活かし全体を活かす。」

  1. 個人は、自分で仕事をコントロールすることにより、目標を達成する

    「リーダーは、スタッフの仕事の領域を決め、その範囲を限定する。
    この意味は、その領域ならリーダーは立ち入らないし、スタッフの仕事を取り上げて自分でやるようなこともしないという意味。」
    指示をされたことだけをする社員を乗合バスに乗せ、目的地に連れていくやり方は、今の日本では成立しない。
    成熟した日本では、一人一人が、自分で車を運転して目的地にたどり着くようなやり方でないと生き残ることはできない。
    このような事例がある。
    とあるアミューズメント施設のアルバイトが、地震が発生した際に細かな行動マニュアルはないものの、行動基準として「お客様の安全確保のためには、園内の使えるものは何でも使ってよい」という方向性は定められていたため、自身で状況判断を行い、店舗で販売用に置いていたぬいぐるみを持ち出して、お客様に「これで頭を守ってください」と言って渡したとのこと。
    領域を決め、現場に権限を与え、判断できるスタッフを前提とした組織作りが、まさに、これにあたる。

  2. 組織・リーダーは、仕事のルールを決めたら、個人にまかせる。

    静観するのも我慢が必要。その我慢によって、個人は課題を自力で乗り越え成長する。ややもすると、一挙一動、答えを教えるのが教育と勘違いするが、教育の目的は、本人の成長が第一。
    まず、本人に自力で考える習慣を根付かせる。

  3. 組織は、その人にできる仕事を与える。

    人、本来の能力・才能を殺すやり方、仕事のさせ方がダメなように、人、本来の能力・才能に合わない生かし方、仕事を与えるのもまた、ダメである。
    リーダーは、その人を生かすために、その人の能力・才能に合う仕事を与える。

3.惜しみない応援

仲間に対して、惜しみない応援を送る

応援の仕方には、積極的に見える応援と消極的に見える応援があると考える。
どちらも、仲間を勇気づけたい気持ち、元気づけたい気持ちは一緒かもしれない。
楽天アンセルでは見守る意識を持った、一見消極的に見える応援をベースとしているが、重要なのは、チームとしての意識で惜しみない応援をしているかということに尽きる。

応援の力を活かす!

仕事に対する考え方、そして能動的な行動に対して、初めて応援の力が活きる!

楽天アンセルの価値は、保険業界のプロフェッショナル集団であること。
楽天アンセルは、プロフェッショナル集団で、「仲良しクラブ」ではない。
社会生活の中の「仲良しクラブ」の目的は、加入している人たち自身が楽しむこと。
プロフェッショナルは、相手(顧客)が喜ぶことを最優先し、自分自身が楽しむのはその結果。

プロフェッショナルとは、仕事に対して誠実な考え方を持つ人間、能動的な行動とそのコントロールができる人間、そして成果(結果)を上げることができる人間。

楽天アンセルはそこに惜しみない応援を送る。
そうしてプロフェッショナルな集団を作り上げ、維持・継続し続けること。
これが楽天アンセルの組織論である。